育児休業をとりやすくする助成金

ホーム > 事業内容 > 助成金 > 育児休業をとりやす… > 復帰しやすい仕組み…

復帰しやすい仕組みを作る

(両立支援等助成金 育休復帰支援プランコース)

どんな時に使える?

 育児休業を取得する予定の従業員がいた場合に、スムーズに育休を取得し、スムーズに復帰できるような体制を整備する場合。

助成金の金額

 育休取得時に30万円。職場復帰時に30万円(どちらも1回のみ)

 (例)Aさんが「昨日産婦人科に行って妊娠が分かりました。順調にいけば年明けごろから育児休業を取りたいんですけど。」と申し出てきたため、育休復帰プランナーに来てもらって具体的な取り組みを決めた。その後Aさんは無事出産。育児休業を取得し、お子さんが1歳になった時から仕事に復帰した。
   

育児休業取得時 30万円
職場復帰時 30万円
60万円

※育休復帰プランナーとは、企業の求めにより厚生労働省から無料で派遣される「育休復帰支援プラン」作成を支援する専門家。

ポイント

 育児休業を取得する予定の従業員が実際に出てから、準備を行う助成金制度
 助成金対象の従業員が産前休業に入るまでに、各取り組みを完了させること
 仕事の引継ぎ方法や、休職中の社内の状況などを伝える仕組み作りなどを盛り込んだ、育休復帰支援プランを作成する
育児介護休業法はきっちりと就業規則に反映させておくこと
3ヶ月以上の育児休業を取得させる

申請の流れ

 女性が働きやすい職場とするような取り組みを社内で検討。

 一般事業主行動計画を策定し労働局へ届出

労働者に周知

  ホームページなどで一般世間に対しても周知

  育児復帰支援プランを策定

労働者に周知

育休前の面談・引継ぎなどを実施

出産から3ヶ月経過した時点から2ヶ月以内に、助成金の支給申請

 およそ2ヶ月から3ヶ月後に指定の口座に入金

育休中の情報提供、復帰前後の面談・引継ぎなどを実施

復帰後6ヶ月間勤務した時点から2ヶ月以内に、助成金の支給申請

 およそ2ヶ月から3ヶ月後に指定の口座に入金

当事務所からの一言コメント

 日程管理がカギとなる助成金です。正直、非常に細かいです。
取り組み内容などは育休復帰プランナーが事細かに指導してくれますので、ご安心ください。一般事業主行動計画は、当事務所でヒアリングを十分に行い策定を支援します。
育休を取得する従業員が、休んでいる間に浦島太郎状態にならないようにするための助成金です。制度の趣旨自体は非常に素晴らしいものですから、手間はかかりますが、対象になる様な従業員がいる場合には、積極的に取り組むべき助成金と言えます。

 

▶ご注意いただきたいポイント
▶残念ながらお手伝い出来ない場合もあります

[無料相談受付中] 助成金に関するお悩み/労務に関するご相談/就業規則の見直し などお気軽にご相談ください

アグリ労務管理事務所

代表 山川 荘二(やまかわ そうじ)

  • 〒321-0923 栃木県宇都宮市下栗町2916-9 エイムビル304
  • TEL:028-616-8814/FAX:050-3488-2729
  • 栃木県社会保険労務士会(登録番号09080017号)  栃木県社会保険労務士会ホームページ
  • [業務エリア] 栃木県全域
    [重点エリア] 宇都宮市・下野市・小山市・上三川町
全国社会保険労務士連合会 ROBINS確認者